MENU

episode 004

REMOX minimo
暖かみあふれる
クラフトスペース

REMOX minimo craft space

磐田市某所にてモルタル造形作品を制作しているモルタル造形のアトリエ兼教室として誕生したREMOX。自宅の駐車場1台分のスペースを無駄なく活用した、「自宅に工房」の夢を叶えました。

以前までは自宅から片道40分ほど掛かる工房を借りていたオーナー様。作品をつくりたい時には、工房への往復だけでも疲れてしまっていたそうです。自宅に工房を作りたいと考えていた時に、知人の方からのご紹介でREMOXにご依頼をいただきました。

アトリエはウッドデッキに囲まれており、デッキ上で作品や多肉植物の販売を行う事ができます。また、生徒さんが作品を作りに来ることもあり、優雅にお茶会を楽しむスペースとしても活躍します。高さ1.4m程のウッドフェンスを取付け近隣同士のプライバシーを確保しながら、作品をレイアウトしたりと遊べる壁を設けました。

内装はREMOXの標準仕上げとなっています。床は土足のまま上がれるコンクリート仕上げとなっており、汚れなどもそのまま洗い流せる仕様です。部屋に入って正面の壁に、以前オーナー様がアトリエで使用していた棚をそのまま設置しました。

室内には来客用のテーブルと椅子が二つ、オーナー様の作業カウンタ-が配置されています。動線から使い方、家具の配置などを設計の段階でしっかりと確認しているため、三畳の室内でも2人~3人が余裕をもって作業できる空間となっています。作業カウンターの周りでは、配線が邪魔にならないようコンセントの位置をカウンター上部へ設置。これで、カウンターの足元に配線が混雑せず、すっきりとした見た目で使用することができます。

窓の位置は作業スペース側に設置。十分な明るさを確保し、外が見通せるため窮屈な印象を感じず快適に作業することができます。また、座って作業しているときは目線の高さが窓より下になるため、通行人とは目の合わない構造になっているため、プライバシーもしっかりと確保することができています。

今回REMOXを自宅に設置したことで、玄関を出たらすぐに工房へ行けるようになり、以前のように出勤時間を大幅に減らすことが出来ました。そのため、工房で制作をしながらでもご家族との時間をしっかりとつくることができる環境となりました。

REMOX minimoは三畳の空間ではありますが、その広さを最大限に活用できるのがREMOXの魅力です。

あなたの夢も、REMOXによって叶えませんか?

SPEC

構造
2×4工法(ヒノキ材)
サイズ
1.5坪
面積
4.9m2
屋根
GL立平
外壁
ガルバリウム鋼板&天竜杉
雨樋
なし
サッシ
押し出し窓×2
入口
テラスドア
断熱材
グラスウール
金鏝仕上げ
ラーチ合板
天井
ラーチ合板
カウンター
作業台×1、棚×2
外部木部仕上げ
天竜杉
電気
ダクトレール1m(スポットライト2灯)
コンセント
内部4カ所 外部コンセント1カ所
デッキ
12m2+木塀 オプション
屋外照明
お施主様支給
エアコン
有オプション

BACK to list